ホーム > 日記 > 旅行・お出かけ > 神秘の泉「忍野八海」

神秘の泉「忍野八海」

先日、久しぶりの温泉旅行へ行ってきました☆
今回楽しみにしていたのは、山梨県にある不思議な泉「忍野八海」です。

富士山の雪解け水が湧水となって8つの泉を作っているそうです。

忍野村観光協会HP



こちらは、「中池」という人工池で、八海の池につながっているとのこと。
透明度が高いので底がよく見えますが、水深は7メートルあるそうです。
私はこれも八海のひとつと思っていましたが、違っていたんですね・・・
底にキラキラ光るものは、おそらく1円玉・・・(汗)お賽銭は厳禁とのことですが・・・
星空のようで、きれいですが・・・(;^_^A


「榛の木林民俗資料館」へも入ってみました。

本当は、水車小屋と古民家の上あたりに、立派な富士山が見えるらしいのですが、
この日はお天気がよかったにもかかわらず、雲に覆われていて全く見えませんでした。

このとき以外にも、実はこの旅行中一度も富士山を見ることができませんでした(泣)


子供のころに見た「日本昔ばなし」の世界にきたようです(o^-^o)
つくづく、日本ののどかな風景っていいな~と思いました。


よく見ると、ニジマスがたくさんいます・・・これにはビックリでしたw( ̄△ ̄;)w


こちらが、渡邉泉氏が所有している住宅で「榛の木林資料館」になっています。


その奥に、八海のひとつ「底抜池」があります。
この池に物を落とすと行方がわからなくなるといわれていたり、
この池で物を洗うことは神域を汚すものとして古くから大変恐れられている泉だそうです。
確かにひと際神秘的な泉でした。


水が澄んでいるので、大木が水面に映っていますねw(*゚o゚*)w
神聖な場所という雰囲気です。


富士山が見られなかったのは残念でしたが、それでも十分楽しめた「忍野八海」でした。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村

コメント(2)

大分前に一度だけ行きました。山梨名物のほうとうも美味しかったです。
澄んだ水辺を見るたび霞ヶ浦も水がきれいなら良いのにと思います。

stk様
今回は、ほうとうは食べられませんでした・・・残念(涙)
霞ヶ浦がこれくらいきれいになったら、本当にいいですね~

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

TOP
健康法